売りやすく貸しやすい!都心の10坪以下のコンパクト戸建て物件が人気

売りやすく貸しやすい!都心の10坪以下のコンパクト戸建て物件が人気

東京都心では10坪以下の土地に一軒家の戸建て物件を建てる人が増加しているそうです。

家電と壁を一体にしたり、収納スペースを効率的に作ったりなど、狭い土地に建つ物件ならではの工夫がほどこされています。

コンパクト戸建てを建てる人が増えている背景には、小さいながらもデザイン性の高い住まいを求める人が増えていることがあります。

土地を含めた都心のコンパクト戸建ての予算は4000〜6000万円が多く、都心のマンションの価格とあまり変わりません。

それでも、資産として考えた場合、戸建て物件はマンションとは違う資産価値が形成できるため、都心の戸建て物件を選択肢に入れる人が増えているのです。

このような人たちは、一生住むつもりで一軒家を建てるのでなく、いずれ手狭になれば引っ越す前提で、買い手や借り手がつきやすい都心のコンパクト物件を買うのです。

中には、親が病気になった時や、自分に子供が産まれて親に手伝ってもらいたいという時には、親の近くに住むことまで視野に入れている人もいます。

現在は、こうした合理的な判断をする人が増えているようです。

コンパクトマンションやコンパクト戸建てを購入する「おひとりさま」が増えた背景には住宅ローンも関係しています。

おひとりさまに人気の超低金利な長期固定金利の住宅ローン「フラット35」に続く